20か月でAppleは25からXNUMXの会社を買収しました

そして、これは長い間起こっていることであり、クパチーノの会社は、中小企業や、有用であると信じる技術を開発している会社を見て、それを購入する「習慣」を持っているということです。 この場合、データは公式であり、 具体的なデータの提供を担当するティム・クック社のCEO CNBCのインタビューで。

なんとdを取得するためのXNUMXヶ月e 20〜25の中小企業 これは重要な情報です。 クパチーノ社はこの種の業務を長い間実施しており、これは現在または将来のデバイスに実装するハードウェアの観点から市場戦略を完成させるのに役立ちます。.

関連記事
Appleがカメラと人工知能に関連するLighthouseの特許を購入

デバイスに新しい機能をもたらすことができる「中小企業」を購入します

そして、Appleは大企業の買収に飛びつく企業のXNUMXつではないということです。通常、買収する企業や新興企業は小規模で、いくつかの機能に特化しています。 将来的には機器に実装したり、レジストリなどの長いリストに特許を提供したりする可能性があります。。 確かに、後になって期待するものがすべて提供されないものもありますが、最終的にはAppleの関心は常に開発に関連しており、競争などに害を及ぼすために購入することはありません。

要するに、私たちが完全に読むことができるインタビューは CNBC それは私たちが会社についてまだ知らないことを私たちに何も明らかにしませんが、それはAppleがそれ自身の利益とそのクライアント、この場合は私たち全員の利益のために残っている会社の数と同じくらい重要なデータを提供します。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。