Appleが東芝のメモリ部門の入札に参加

東芝は特定の部門に分類されています。 ますます多くのブランドが、どの電子製品に応じて、以前は単独で、または少なくともより専門的な方法で専用であった他のセクションを食べて、セクションを多様化することを選択しています。 この点で特有の状況に関与しているもののXNUMXつは 東芝。 入札している会社はたくさんあります (下向きか上向きかはわかりません) 東芝が持っているNANDメモリセクションを手に入れるために、そしてその施設とそのすべての特許は、多くの企業にとって将来のビジネスにとって本当に興味深いものになる可能性があるということです。

少なくともそれが彼がそれを伝えた方法です 日経、以下をレビューした日本のリークポータル:

北米のテクノロジー企業(Apple、Google、Amazon)は、現在のメーカーの代わりとして、または自社のデータベース/サーバーを改善するために、Western DigitalとToshibaに大きな魅力を見出し、興味深い賭けをし始めています。

おそらく、この情報はに達しました 日経 から コリアヘラルドしかし、私たちはすでに、この種のアジアのメディアの言葉やリークにあまりにも多くの信用を与えることにかなり慣れており、明らかに主に国営企業の影響を受けています。 特にAppleがFoxconnとTSMCを主要サプライヤーとして持っていることを考慮に入れると、および任意のタイプのコンポーネントのコストと製造方法を想定したいことを示すものは何もありません。

アップルは「アウトソーシング」として知られている非常に良心的な会社であり、製品を製造し、コストを節約し、すべてを可能な限り迅速に行うことを目的として、実際には多くの異なる会社を採用し、メインマトリックスの外にいます。 東芝の賭けに関与していないように見えるのはサムスンです、独自のNANDメモリを備えており、非常に優れています。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。