Appleがデンマークのサーバー向けに世界最大の風力タービンをXNUMX基建設する

風力タービン

彼らがクパチーノで作りたいという熱意を持っていることは高く評価されています アップルは、持続可能な環境に配慮した企業の一例です。 自社のサプライチェーン内で、またはサプライヤに持続可能性基準への準拠を強制する。

今日、私たちは彼が世界で最大の風車をXNUMXつ建設することを知りました。 デンマーク、その国にあるヨーロッパのサーバーセンターに余剰を供給します。 アップルのブラボー。

Appleは本日、 リリース プレス、ビルドします 世界最大の陸上風力タービンのXNUMXつ 再生可能エネルギーへの投資を拡大するため、デンマークのエスビヤー近く。

新しい200メートルの高さのタービンは62ギガワット時を生成します 毎年、約20.000世帯に電力を供給するのに十分なエネルギーです。 この展開は、近い将来に建設される可能性のある、より強力な洋上風力タービンのテストサイトとして機能します。

これらXNUMXつの工場で生成されたエネルギーは、ビボルにあるアップルのデータセンターに電力を供給します。 余剰エネルギーはすべてデンマークの電力網に送られます。 ViborgのAppleServer Centerは、App Store、Apple Music、iMessage、Siri、およびその他のヨーロッパのサービスをサポートしています。 Appleは、このようなデータセンターに電力を供給するために、スカンジナビアで最大のソーラーパネルのXNUMXつをすでに構築しています。

数週間前 説明しました el 会社は炭素の使用をやめる計画 製造と供給の全ライン。 陸上風力タービンへの新たな投資は、同社が今後XNUMX年間で正味の気候への影響をゼロにするという目標を達成し、ヨーロッパのすべてのサプライヤーを再生可能エネルギーに移行するというAppleの取り組みを支援することが期待されています。

アップルは、サプライヤーに持続可能性のアイデアを課しています

伝えられるところによると、 AppleHenkelおよびtesaSE、DSM Engineering Materials、STMicroelectronicsおよびSolvay Appleのコミットメントを満たすためにクリーンエネルギーソリューションに取り組んでいます。 Appleのドイツのサプライヤー ヴァルタ 今週、Appleのすべての生産を100%再生可能エネルギーで実行することを約束しました。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。