AppleはIntelのモデム部門を1.000億ドルで買収

インテル 5G

それは何ヶ月も噂されていて、ここ数週間でそれについてのニュースが強まったが、Appleがこれまでで最大の買収のXNUMXつを確認したのはほんの少し前のことだった。 クパチーノ社がインテルのモデム部門を1000億ドルで買収.

購入 すべての特許(約17.000)とIntel部門エンジニア(約2.200)が含まれます 数年以内にiPhoneを組み込む将来のモデムに向けて新会社で働くAppleスタッフの一部になるだろう。 この買収はどういう意味ですか? 以下に説明します。

ほぼすべての人が、スマートフォン用のモデムを実質的に独占しているメーカーであるクアルコムとのアップルの対立を知っています。 この対立により、今年のiPhoneにはIntelモデムが搭載され、Qualcommよりもパフォーマンスが劣っていました。 専門家によると。 これら5つのハイテク巨人の間のこの戦いは、iPhoneが近い将来QualcommのXNUMXGモデムを搭載できるようにするという両社間の合意で終わりましたが、Appleは注意を払い、これが再び起こることを許可しません。

同社は長い間、独自のモデムの作り方を研究してきました。 これは、ハードウェアとソフトウェアをシームレスに統合し、競合他社と一線を画す可能性のある新機能を開発することを意味します。、そして何よりも、メーカーとその特許に依存しません。 しかし、これは簡単な作業ではなく、時間がかかったため、Appleは近道をとることにしました。

Intel(スマートフォン用モデムの部門)を購入すると、数年以内に到着しない新しいモデムの設計プロセスを大幅に加速するのに役立つ特許と資格のある担当者を突然取得することになります。 それまでの間、Qualcommモデムを使用できます。 そうすると、スマートフォンの主要コンポーネントを制御できるようになります:プロセッサ、グラフィックス、モデム、ワイヤレスチップ、そして彼らは独自のバッテリーとディスプレイの設計に取り組んでいます。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。