Apple Music Webプレーヤーを使用すると、データを入力して音楽を聴くことができます

2015年40月の開始以来、ストリーミング音楽サービスは75万人以上の加入者に到達し、そのすべてが有料で、現在約XNUMX万人のユーザーを抱えるSpotifyの加入者数にさらに近づいています。 今から、アップルは改善されており、 マルチメディアコンテンツの追加 新しいアルバムを独占的に発売するという一定の合意に達することに加えて、より多くのユーザーを引き付けるため

しかし、それに加えて、Appleも望んでいるようです Webプレーヤーの機能と使いやすさを拡張します アーティストが利用できるようにすることで、アーティストは30、60、または0秒の再生制限で新しいアルバムのサンプルを提供できます。 私たちが読むことができるように Redditに、Appleは、一部のユーザーがこのプレーヤーを使用してアカウントを入力し、お気に入りの音楽を再生できるようにしました。

私たちのMacでAppleMusicを聴くことになると、私たちはそうしなければならないか、そうしなければなりません。 iTunesを利用する、年月が経つにつれて機能が失われ、現在はiPhone / iPad / iPod touchを復元して、主にAppleMusicまたはコンピュータに保存した音楽を聴くことしかできないアプリケーションです。

Webプレーヤーがユーザーアカウントのデータの入力を許可していることは、Appleができるという噂を裏付けています AppleMusicのオンラインクライアントを起動する、Applemusic.comなどのWebを介して、iTunesを使用せずにお気に入りの音楽を聴くことができるクライアント。

このウィジェットを使用すると、お気に入りの音楽を聴くだけでなく、 プレイリストに曲を追加できます、この意味で私たちが見つけることができた制限が完全になくなるように。 たぶん数時間で、WWDCが始まるとき、私たちは疑いを取り除くでしょう。

 


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。