最新のSiri共同創設者がAppleを去る

AppleのアシスタントであるSiriは、会社自体の創作ではありませんでしたが、数年前に開発者のグループから買収されました。 アシスタントがどのように進化したかを見る そしてAppleが彼女のために持っていた計画は会社を去っていた。 最後にそうしたのは、今日も会社に残っていた最後のSiri共同創設者であるTomGruberでした。

出版物TheInformationによると、 トム・グルーバーは個人的な理由でアップルを去ります そして、それらはSiriの進化とは関係がないこと。 トムは写真や海洋保護などの情熱を追求したいと思っているようです。 しかし、Vipul Ved Prakashも去って以来、Appleのオフィスを去ったのは彼だけではないようだ。

Prakashは、買収後、Appleの一部になりました。 サーチエンジン 分析会社が作成 トプスィー、彼は会社のCEOを務め、Appleに224億XNUMX万ドルの費用がかかりました。 買収からXNUMX年後、Appleは会社を閉鎖しました。

Gruberは、まだAppleにいた最後のSiri共同創設者でした。 他の共同創設者であるDagKittlausとAdamCheyerは、 AppleがSiriをとっていた方向.

たまたま、GruberとPrakashの出口 AppleがSiriの新しいチームを作成している今、 時間を尋ねたり、カウントダウンをしたり、朝7時までさせたりするための単なるアシスタント以上のものになりましょう。 Siriをすぐに進化させる責任は負っています ジョン・ジャンナンドリア、Siri、人工知能、機械学習の会社の責任者になった元Googleエンジニア。

DagKittlausとAdamCheyerは会社を辞めました 最初から考えていたように、別の仮想アシスタントを作成します、Bixbyと呼ばれる仮想アシスタント。これは、Samsungが所有し、市場に投入する予定のデバイスの仮想アシスタントとして、Samsungに買収されました。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。