Spotifyが米国に次ぐ最も有望な市場である日本に到着

Spotifyは

Spotifyは本日29月XNUMX日に発表しました アメリカ合衆国を除く最大の音楽市場である日本に音楽ストリーミングシステムを開設。 私たちは、このような大きな遅れの理由を認識しており、日が昇る国の住民について言えば、法的な問題と経済保護主義文化の問題を想像しています。 Spotifyが日本に最初のオフィスを開設してから18か月が経ち、今日では、ヨーロッパの署名を付けて、地球上で最も多くのユーザーを抱えるストリーミング音楽システムを解き放ちます。 日本のストリーミングやデジタル音楽全般の市場を見てみましょう。

この間ずっと、 TechCrunchの、Spotifyは、公正な取引と見なされるものを提供することを目的として、音楽の権利の企業および所有者との交渉に閉じ込められています。 しかしながらまたは、最大のライバルはAppleMusicです、最初に来たのは、Appleが忠実なユーザーの良いニッチを持っている国で。

日本での音楽の売り上げは年間約3.000億ドルで、アメリカ合衆国に次ぐ強力な音楽市場です。 しかし、日本の主な障害はそれです 彼らは一般的にまだデジタル音楽を購入し、CDに独自のコピーを作成することを好みます、インターネットに継続的に接続されているストリーミングサービスを選択するよりも。 そのため、今回のSpotifyの登場は、日本人の音楽に対する理解の仕方を変えることを目的としています。

一方、Spotifyは日本で唯一の無料ストリーミング音楽サービスになります。たとえば、AppleMusicが無料サブスクリプションを提供していないことはすでにわかっています。 これはすべて、Spotifyが40万人以上の有料ユーザーを抱えていると発表したのと同じですが、 AppleMusicは17万で立ち往生しています。 つまり、Spotifyのユーザー数は月に175億XNUMX万人であり、AppleMusicにとって大きな障害となっています。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。