USB PowerDeliveryプロトコルまたはApple独自のプロトコルと互換性のある充電器を備えたAppleWatch Series7の急速充電

急速充電AppleWatch

Apple Watch Series7にも追加されたノベルティのXNUMXつ 彼らが今日販売を始めたことは急速充電です。 この充電にはいくつかの最小要件を実行する必要があります。主な問題は、以前はUSB Aを使用していた充電ケーブル(現在はUSB C)と充電器自体にありました。

そのため、同社はこの負荷をより高速に実行するために必要な要件を説明しています。 この意味で、USB C接続を備えた公式のApple充電器を持っているユーザーは、どのモデルでもそうすることができます。 これらの公式のApple充電器を持っていない人は、USB PowerDeliveryプロトコルに依存します 5Wモデルから。

新しい時計でこの高速充電を提供できるようにするには、Appleの製品には少なくとも18Wの電力が必要です。Appleの公式ではない製品には、USB Power Delivery(USB-PD)プロトコルが必要です。 わずか80分で総バッテリーの45%の充電を提供するこの充電を提供できるように。 ここで重要なのは、時計ケースに追加されているケーブル自体と、これらの充電器のXNUMXつを使用することです。

繰り返しますが、 これらの充電器は箱に含まれていません 新しい時計のですが、アップルストアで購入することが可能です。 彼らが最終的にケーブル接続にUSBCを追加したという事実に満足しているにもかかわらず、この操作は本当に残念なことです。 Appleはまた、Apple Watch Series 7の急速充電はアルゼンチン、インド、ベトナムでは利用できないと説明しているが、これらXNUMXか国でのこの制限については説明していない。

一方、ここでのアドバイスは、「準備完了」の充電器を使用してデバイスを充電することです。 リーズナブルな価格で高品質の充電器が市場に出回っていることを忘れないでください。必要がなければAppleから購入する必要はありませんが、 問題を回避するために、安全認証が施された充電器と充電ケーブルを使用してください。 


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:AB Internet Networks 2008 SL
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。