LegbaCore、XNUMX月に行われたAppleの新しい買収

レグバコア

ほとんどの大企業と同様に、Appleは自社製品を改善するために他の中小企業を買収することがよくあります。 最も一般的なのは、これらの買収が発生したときにそれを知ることであり、FaceShiftの購入の場合のように、正式になる前に知る場合もあります。 しかし、昨年、これまで誰も反響しなかった買収がありました。 AppleはXNUMX月にLegbaCoreを購入しました 2015の。

LegbaCoreの目的は、創設者のXNUMX人によると、«私たちがそれらを行う方法を知っている方法で安全であると感じるシステムを作成するのを手伝ってください«、それでそれが会社であることは明らかです セキュリティスペシャリスト。 私たちがあらゆる種類の手順を実行するオペレーティングシステムのセキュリティはますます重要になっており、Appleはオペレーティングシステムをさらに安全にしたいと考えている可能性が高いです。

LegbaCore、セキュリティスペシャリスト

XenoKovahと同社の創設者であるCoreyKallenbergは、XNUMX月にAppleにフルタイムで参加することを発表しました。 しばらくして、彼らはWebサイトで注文を受け付けなくなったが、LegbaCoreの過去の作業の参照としてWebサイトを維持することを発表しました。

KovahとKallenbergがランクインしているので、Appleは ソフトウェアとファームウェアのセキュリティを向上させる。 オペレーティングシステムの市場シェアが大きいほど、サイバー犯罪者から受ける攻撃も増えるため、システムにセキュリティを追加することは、常に前向きであるか、ほとんどの場合です。 iOSにセキュリティを追加すると、生活が困難になる可能性があります ハッカー を行うためのツールを起動する責任がある人 脱獄 私たちのiPhone、iPodTouchまたはiPadに。 しかし、完璧なオペレーティングシステムが存在せず、遅かれ早かれ新しいオペレーティングシステムが到着するため、心配する必要はないと思います。 脱獄。 また、難易度が高いほど、それを破る動機も大きくなります。 したがって、Appleがシステムをより安全にすることについて引き続き心配していることを知っておくのは良いことです。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:AB Internet Networks 2008 SL
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。