Yahooは2014年に受けた攻撃を認識していたことを確認

yahooロゴ

昨年2014月、Yahooはインターネットで準備をする数週間前に、何百万ものユーザーのデータを危険にさらしたとされるハッカー攻撃に関係しているという噂を確認しました。 同社はXNUMX年にハッカー攻撃を受けたことを確認し、 少なくとも500億のアカウントに影響を与えた同社によれば、公式発表の数週間前に知っていたが、実際はそうではなかった。 証券市場委員会が実施した調査によると、同社はXNUMX年前に受けた攻撃を完全に認識していた。

Yahooはサーバーへの攻撃をユーザーから隠した そして、ハッカーが電子メールアドレス、電話番号、生年月日、パスワードのリマインダー、セキュリティの質問(回答を含む)にアクセスできた...今年2.000月に発表された最初の噂は、そのすべての情報をDeepWebを介してXNUMXドル強で販売しようとしています。これは、XNUMX年前に盗まれたデータに対して誰も喜んで支払うことのない金額です。

このイベントは、会社が作成したソフトウェアとともに、 アメリカの国家安全保障機関は、任意の電子メールアカウントにアクセスできます ベライゾンがヤフー購入契約のキャンセルを検討するのに十分なきっかけとなった。ヤフーの企業としてもサービスプロバイダーとしての評判も、インターネットとしての評判が非常に高いため、昨年4.800月に1.000億ドルで締結した契約である。 このプロセスに関連する最新のニュースは、現時点では正式に確認されていないものの、Verizonが最終合意価格のXNUMX億ドルの引き下げを要求していることを確認しています。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:AB Internet Networks 2008 SL
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。