iOS 10.3は、ユーザーにXNUMX要素認証をオンにするように促します

AppleはiOS10.3の新しいベータ版の開発とリリースを続けていますが、ベータプログラムに参加しているユーザーは、このバージョンがすべてのユーザーに利用可能になると、最終バージョンで数週間以内に届くニュースを直接体験できます。 24時間強の間、多くのユーザーが 二要素認証を有効にするように促す通知を受信して​​います、関連付けられているクレジットカードと一緒にアカウントに保存されているデータのセキュリティを強化する認証。

この通知には、表示または削除のXNUMXつのオプションがあります。 削除することを選択した場合、この通知は数時間後に再び表示され、アクティブ化するように通知されます。 このタイプの追加のセキュリティをアクティブにする時期であると判断した場合は、[設定]に移動できます。 iCloudアカウントのデータのすぐ下、 二要素認証と呼ばれる新しいメニューが表示されます、を押してアクティベーションプロセスを開始する必要があります。

 

二要素認証は、AppleIDの追加のセキュリティ機能です。 デバイスを持っている私たちだけがすべての写真、ドキュメント、情報にアクセスできるようにします iCloudに保存したもの。 新しいデバイスで初めてAppleIDとパスワードを入力するたびに、AppleはXNUMX桁の確認コードで本人確認を行うように求めます。

このコードは、他のデバイスに自動的に表示されるか、アカウントに関連付けられている電話番号に送信されます。 ログインして新しいデバイスから情報にアクセスするには、コードを入力するだけです。 コードを入力したら デバイスに再入力する必要はありません。 セキュリティ上の理由から、完全にログアウトするか、デバイスを消去するか、パスワードを変更する必要があります。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

2コメント、あなたのコメントを残してください

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。

  1.   Sico_Pata

    また、iCloud Photo Libraryを使用するように促し、神経質になります。 スパムについてはほとんど報告できるはずです

  2.   フラン

    iPhoneが盗まれて(私の国、アルゼンチンでは非常に一般的です)iCloudに入ると、盗まれたiPhoneにコードが送信されるため、アクティブにすることはお勧めしません。 クラウドに保存されている写真やその他の情報を復元できるようになるまでに10日かかりました...