iOS 14.5のベータ版では、Apple Mapsで事故、危険、自動速度取締機を報告できます

iOS14.5ベータ版の新機能を備えたAppleMaps

iOS 14.5の最初のベータ版はXNUMX週間使用されており、多数の新機能が登場しています。 マスクをつけていれば、AppleWatchでiPhoneのロックを解除するのと同じくらい面白いニュース。 またはの可能性 音楽サービスを変更する Siriへのコマンドで音楽を聴くためのデフォルトのストリーミング。 しかし、ニュースは起こっており、今日はAppleMapsの番です。 この新しいバージョンでは 道路上の事故、レーダー、危険を報告することが許可されています アプリ自体の中で、最も純粋なGoogleマップまたはWazeスタイルで。 現時点では、この機能は米国でのみテストされているようです。

iOS14.5とAppleMapsで事故、自動速度取締機、危険を通知する

この関数は、に再び表示されます iOS14.5の最初のベータ版 私たちがコメントしているように。 このバージョンのiOSがインストールされた状態でAppleMapsルートを開始すると、新しい機能が通知されます。 ナビゲーションメニューに新しいタブが表示されます。 報告する。 それをクリックすると、次のXNUMXつの要素で通常のナビゲーションを妨げない新しいメニューが表示されます。 事故、危険または速度制御。

関連記事
iOS 14.5は、5GカバレッジでDualSIMオプションをアクティブにします

これらの要素のいずれかを押すと、現在地と作成した通知が記録されます。 AppleMapsはそのアルゴリズムを通じて分析します 同じインシデントの通知がさらにある場合 残りのドライバーに通知を適用するかどうかを決定します。 その場合、各ユーザーのマップで選択した要素とともにアラートサインが表示され、その場所で何かが発生していることを通知します。

事件の通知も Siri経由で実行できます と: 'シリ、この位置で交通事故があります'。 そしてすぐにSiriは処理のために情報をサーバーにダンプします。 この新機能は、米国でのみ利用できるようです そして多分それはパイロットプロジェクトです。 つまり、この機能はiOS 15またはその逆になるまで表示されない可能性があります。つまり、この機能は米国ではiOS 14.5で、その他の国ではiOS15でアクティブになっています。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。