iOS 15では、ユーザーはアプリでのアプリ内購入の払い戻しをリクエストできます

iOS15のアプリ内購入の払い戻しをリクエストする

アプリ内でのアプリ内購入は、好むと好まざるとにかかわらず、当たり前のことであり、すぐになくなることはないようです。 ユーザーが直面する問題c彼らが誤って購入した場合 またはあなたの子供の一人がそれをします、払い戻しを要求するためにアップルに連絡することです。

Appleは、このプロセスが最善ではないことを認識しており、iOS 15では、ユーザーが使用できる新しいオプションが追加されています。 アプリ自体の中からアプリ内購入の払い戻しをリクエストする すべての開発者が実装する必要がある新しいAPIStoreKitのおかげです。

開発者は、アプリケーション内にこの新機能を実装する必要があります。 このオプションはボタンを通して表示されます 払い戻しをリクエストする. このオプションをクリックすることにより、私たちが行った購入の払い戻しを要求する問題が何であるかを示す必要があります。

また、Appleが提供するWebサイトを通じて、リクエストのステータスをいつでも知ることができます。 アプリケーションの問題を報告してください。

リクエストを送信したら、 顧客はAppleからメールを受け取ります 返品リクエストのステータスをお知らせします。 購入がゲームのコインに関連しており、それらを使用した場合、払い戻しをリクエストするのを忘れてしまう可能性があります。

Appleは先週の月曜日にiOS15の最初のベータ版をリリースしました。 素晴らしい安定性ただし、AppleがパブリックベータプログラムのユーザーにiOS15ベータを公開するXNUMX月の第XNUMX週まで待つことをお勧めします。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。