iOS9.3はパスワードでiCloudコピーを保護します

icloud-code-lock

FBIとAppleは最近あまりにも多くの話をしている。 現在、iCloudで端末から作成できるコピーはパスワードで保護されていませんが、変更される予定です。 FBIの仕事を促進しようとする代わりに、Appleは反対のことをして、すべてのサービスに外部からアクセスできないようにしようとしています。 すべてのユーザーがクラウド内のデバイスから作成したコピーにアクセスできます。 この新しい保護機能は、iOS 9.3の最終バージョンのリリースとともに到着します。これは、新しいiPhoneSEとiPadPro Miniが導入されると、おそらく今日または明日遅くにリリースされる予定です。

いつものように、Redditが私たちに情報を提供してくれました。 開発者がチェックしました XNUMX段階認証をオンにするように、iCloudバックアップも暗号化します デバイスと同じアクセスコードを使用します。 場合によっては、Appleは後で最終バージョンに到達しない機能を有効にしましたが、この新しいオプションには、それが利用可能になるというすべての目印があり、アメリカ政府や国家安全保障機関を喜ばせません。

このように、iCloudに保存したバックアップを復元するたびに、iOSは復元の実行に使用するパスワードを要求します。 覚えていないなら Apple自体でさえアクセスできないので、私たちはそれを忘れることができます そこに保存されているデータに。 このようにして、Appleが端末とともに提供するサービス内のセキュリティを引き続き重視していることがわかります。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。

*

*

  1. データの責任者:AB Internet Networks 2008 SL
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。