iOS11での画面共有とスライドオーバーについて知っておくべきことすべて

とともに iOS11の登場 携帯電話用のAppleオペレーティングシステムのXNUMXつの機能の新しいバージョンを楽しむことができます。 共有ビューと スライドオーバー。 現在、両方が再設計され、より強力ですが、より複雑でもあります。 iOS 9で導入されて以来、XNUMXつの同じアプリケーションを同時に表示する便利な方法として考案されました。

今、彼らはなりました 本質的な特徴、画像、ドキュメント、テキスト、URLを異なるアプリケーション間でドラッグしたり、同じ画面で最大XNUMXつのアプリケーションを同時に操作したりできます。

スライドオーバーvs。 画面共有

画面共有は基本的に 同じ画面を共有するXNUMXつの異なるアプリ(またはXNUMXつのSafariウィンドウ)がある、等しい部分で、9パーセントの分割または10パーセントの比率を選択するために移動できる分割線があります。 iOS11およびiOSXNUMXで発生することとは異なり、iOS XNUMXのこの機能により、画面の両側でXNUMXからXNUMXの分割を交換可能に実行できます。 これまで、マイナーな部分は右側にしか配置できませんでした。

一方、スライドオーバーはで構成されています 開いている他のアプリの上にフローティングアプリケーションのウィンドウを配置します。 これは、ウィンドウのように処理でき、その背後にあるすべてをカバーできるという点でMacの実行に近いですが、ウィンドウを移動して画面から非表示にすることもできます。 この機能は、開いているアプリケーションで別のアプリケーションを操作しながら、何かをすばやくクエリすることを目的としています。 たとえば、メッセージに返信しているときに、ドキュメントをアプリケーションにドラッグできます。 スライドオーバーは、必要に応じて共有画面にすることができます。

さまざまなジェスチャー

XNUMX番目のアプリをドラッグする場所に応じて、異なる結果が得られます。 アプリケーションをドラッグして別のアプリケーションの上にドラッグすると、SildeOver関数に直接アクセスします。 これを共有画面に変換するには、パネル上部の上部タブをクリックするだけです。

現在のベータ版では、スライドオーバーパネル 常に右側に表示されます アプリを左側にドラッグアンドドロップしても、画面から。 また、画面の左側からアプリをスワイプして閉じることはできません。 これは、アプリを右側で開いた状態でのみ実行できます(場合によっては、右側からスワイプして戻します)。 そのアプリを復活させます、iOS iOS 9および10と同じように)。

XNUMX番目のアプリケーションを直接共有画面モードにするには、最後まで左または右隅にドラッグする必要があります。 メインウィンドウが少し縮小し、画面の横に黒いバーが表示されます。 次に、私たちはしなければなりません その上にアプリをドロップします 分割画面モードで開きます。 スライドオーバーで起こることとは異なり、これは すべての方向で動作します、右側のアプリと左側のアプリの両方。

XNUMX番目のアプリを追加します

新しいiPadProのいずれかを使用している場合は、XNUMX番目のウィンドウをミックスに追加することもできます。 たぶん、あるパネルでブログを書き、別のパネルでさまざまなSafariリファレンスを読んでいます…そして写真を追加したいと思います。 この場合、たとえば、ユリシーズとサファリを分割画面に配置し、 写真を一番上にドラッグします。 ここでは、写真アプリが他のXNUMXつの開いているパネルのいずれにも「ドロップ」しないように注意する必要があります。この場合、開いているアプリケーションをこのXNUMX番目のアプリケーションに置き換えるためです。

ついにAppleは、ユーザーにとって非常に便利なこれらXNUMXつの機能を推進したようです。 うまくいけば、彼らは前進し続け、さらに洗練していきます。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:AB Internet Networks 2008 SL
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。