iOS14はキーボードの巨大なバグを修正します

IOSユーザーは、特に特定の機能がアクティブになっている場合、キーボードが予測の長所のXNUMXつではないことを知っています。 ただし、次のような他のサードパーティ製キーボードによって示される一貫性のないパフォーマンス Gboard iOSの場合、ほとんどのユーザーがネイティブバージョンに直接賭けることになります。

ただし、初期の「ベータ」フェーズでのiOS 14のテストでは、クパチーノ社がキーボードに対して行ったいくつかの調整について詳しく説明しています。 iPhoneで最も厄介な予測キーボードの問題の14つは、iOSXNUMXの登場で修正されました。

キーボード設定で「自動大文字化」機能をアクティブにすると、ロジックがないにもかかわらずiPhoneのキーボードが実行する無意味な修正がいくつか見つかります。 例は単語です "光"、 ほとんどの場合、 "光" 明白な理由はありません。 このように、iPhone用のAppleキーボードには、特定の固有名詞に大文字を入れないなど、他にもいくつかの問題があります。 ただし、iOS3のBeta14では、問題が大幅に改善されていることがわかりました。

私たちが「ベータ」段階にあり、これらの変更が最終バージョンの到着で必ずしも利用可能になるとは限らないことは事実ですが。 ただし、この一定の大文字の問題は、今日ではわずかに修正されているようです。 一方、iOSのテスト段階では、将来的にはなくなることを期待している典型的な「LAG」がいくつか見つかりました。 とはいえ、Appleはまだキーボードとの関係があり、現在のパフォーマンスを考えると将来はかなり良いように見える。 私たちはあなたにすべてのニュースを伝え続けます。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。