iPadでマウスを使用する方法

過去数週間噂されていましたが、iPadの場合はiPadOSに名前が変更されたiOS13の発売の大きな驚きのXNUMXつでした。 次のアップデートは、現時点では最初のベータ版しかありませんが、数か月以内にすべての人が利用できるようになります。 Appleタブレットの制御モードとしてマウスを使用できるようにします.

それはどのように構成されていますか? 何ができるの? カスタマイズ可能ですか? このビデオでは、最初のステップから、これらすべてについて説明します。 それがあなたのラップトップの代わりとしてiPadを決める必要があるものの一つであるなら、あなたはそれを別の目で見始めることができるように。

内部のアクセシビリティ

Appleは、少なくとも今のところ、これがiPadで定期的に使用されるべき機能であり、タッチスクリーンを備えたデバイスとして考えられているため、指やApplePencilで制御できるとは考えていません。 しかし、それにもかかわらず、彼はこの機能を なんらかの問題で指でコントロールが使えない人に便利なオプション、したがって、マウスなどの別のシステムが必要です。 このため、このオプションは[ユーザー補助]メニューに含まれており、iPadOSおよびiOS13の[設定]に新しいセクションも開きます。

したがって、システム設定にアクセスし、メニュー「タッチ>アシストタッチ」を探して、このオプションをアクティブにする必要があります。 それが完了したら、「」と入力する必要がありますポインティングデバイス」と、ビデオで紹介するように、Bluetoothワイヤレスマウスを追加できます。。 USBマウスを使用したい場合は、iPad ProのUSB-Cコネクタを使用するか、他のiPadモデルの場合はLightningアダプタを使用しても問題ありません。 メニューでは、ボタンごとに異なるアクションを構成したり(最大XNUMXつまで追加できました)、ポインターの速度を変更したりすることもできます。

Appleは多くのユーザーの祈りを聞いてきました

マウス制御システムは他のコンピュータと同じで、ポインタの動きが非常にスムーズで、 ホームボタンをシミュレートしたり、マルチタスクを表示したり、Dockを表示したりするためのボタンの構成可能なショートカット。 ネガティブな点は、タッチコントロール用に作成されたインターフェイスを備えたデバイスでマウスを使用することから期待できることです。これは私が個人的には興奮していないことです。 ただし、特定のアプリケーションのように、マウスを使用することをお勧めする場合があります。

最初のベータ版であるにもかかわらず、Appleはこの新機能を非常にうまく実装することができました。 あなたが使用することに決めたポインタに明確な改善点があります。 大きすぎてカスタマイズオプションがないので、将来のベータ版ではサイズやデザインさえも変更できるはずだと思います。 あなたはあなたのiPadを制御するためにマウスを必要とした人の一人ですか、はいまたははい? さて、あなたはもはや言い訳がありません。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。