特許によると、将来のiPhoneは泥棒を記録し、指紋を保存する可能性があります

iPhone泥棒 IOSデバイスには、iPhone、iPod Touch、またはiPadを紛失した場合にその場所を特定できる機能が含まれています。 このセキュリティ機能は、次のような他のソフトウェアから光年離れています。 iCaughtU、コードまたは指紋を誤って入力したフロントカメラで写真を撮るCydiaの調整。 しかし、XNUMXつ 新しい特許 Appleは、もう一度、クパチーノがモバイルデバイスのソフトウェアを改善するために脱獄の一部に依存することを提案します。

問題の特許は「無許可のユーザー識別生体認証キャプチャ」と呼ばれ、次のようなシステムについて説明しています。 写真やビデオを撮り、許可されていないユーザーの指紋を保存します、ターミナルが盗まれた限り、警察が泥棒を捕まえるのを助けることができました。

特許はiCaughtUがiPhoneに来ることを示唆している

デバイスは、XNUMXつまたは複数の条件の使用に応じて生体情報をキャプチャするかどうかを決定します。 これらの状態は、XNUMXつまたは複数の電子デバイスの他の指示、デバイスの潜在的な不正使用の検出、およびその他の要因の一部である可能性があります。 デバイス 情報をローカルに保存します 指紋、許可されていないユーザーのXNUMX枚以上の写真、ユーザーのビデオ、環境音、その他の法的情報などの生体認証。 収集された情報は、XNUMX人以上の許可されたユーザーに送信することもできます。

レポート 公表 2014年に彼は次のように主張しました アクティベーションロック iOS 7の(アクティベーションロック)により、iPhoneの盗難が大幅に減少しました。 伝えられるところでは、泥棒は彼らが将来売ることができない電話を盗む危険を冒すことをいとわないでしょう。 AppleがiOSの公式バージョンにこの機能を組み込んでいて、脱獄を使用しなくても、iPhoneの盗難はさらに減少する可能性があります。これは完全に理解できることです。

いつも言っているように、特許が登録されているということは、将来デバイスに表示されるという意味ではありませんが、企業がどの方向に取り組んでいるのかを知るのに役立ちます。 私の意見では、これはiOSの将来のバージョンに含める必要があるものです。 そして、携帯電話やそのソフトウェアのすべてのメーカーではないにしても、Appleはそれをしなければならないだけではない。 これらのタイプの犯罪者がそれで逃げず、彼らのものではないものでお金を稼ぐことがないようにするための何か。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメント、あなたのコメントを残してください

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:AB Internet Networks 2008 SL
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。

  1.   サース

    そして、彼らは私たちに、ロックコードやTouch IDがなくても電話の電源を切ることができるという事実のような愚かなことをさせてくれます。それは非常に理にかなっており、Appleにとっては勇敢で、いつものように論理的です。