パスワードを忘れた場合にiPhoneからアクティベーションロックを解除する方法

アクティベーションロックは、iPhoneを紛失したり盗まれたりした場合に、誰かがiPhoneを使用できないようにすることで、データを保護します。 ただし、パスワードを忘れたユーザーにとっては問題が発生することがあります。 Appleはそれをより簡単にし、それを非アクティブ化する方法を説明します。

アクティベーションロック

アクティベーションロックは、iCloudのユーザー名とパスワードを知らない人がiPhoneを使用するのを防ぐため、iPhoneの盗難を防ぐための非常に便利なツールになりました。 ロックを解除できないだけでなく、削除することもできません 自分のアカウントを入力します。また、アカウントがオンになっていて、WiFiまたはデータ接続があれば、いつでもアカウントを見つけることができます。

それをアクティブにすることは非常に簡単であり、 iPhoneを初めて起動するときの自動セットアッププロセスの一部です、デバイスの設定からいつでも実行できますが、iCloudアカウントの[検索]セクションで、[iPhoneを探す]オプションを有効にします。 非アクティブ化するには、iCloudパスワードも入力する必要があるため、誰かがデバイスを見つけてロックを解除した場合、Appleパスワードがないとこのツールを非アクティブ化できません。

しかし パスワードを忘れてデバイスを復元したい場合はどうなりますか? さて、これまではAppleに連絡して、ロックを解除するのを手伝ってもらう必要がありましたが、これは必ずしも簡単な作業ではありません。 今日から、AppleはWebページを有効にしました。このページでは、データがほとんど要求されないと思われる場合でも、手順全体を段階的にガイドします。 その方法を段階的に説明します。

<font style="vertical-align: inherit;"><font style="vertical-align: inherit;">要件

アクティベーションロックの削除プロセスを開始します あなたはクリックする必要があります このリンク これにより、AppleのWebサイトに直接アクセスできます。 中に入ると、XNUMXつの可能性があります。

  • あなたはあなたのアカウントとあなたのパスワードを知っています、すべてが簡単になります
  • あなたはあなたのアカウントを知っていますが、あなたはあなたのパスワードを忘れました:パスワードをリセットして新しいパスワードを作成するのに役立つiForgotサービスに移動します。 このためには、設定した信頼できる電話番号を知っていて、それらにアクセスできる必要があります。

これらのXNUMXつのオプションのどちらも機能しない場合は、 次に、Webの下部に移動し、[開始]をクリックする必要があります。 これにより、削除リクエストが開始されます。これは、デバイスが本当にあなたのものであることを非常に注意深くチェックする必要があり、非常に厳しい要件があります。

  • あなたはそれを示さなければなりません デバイスはあなたのものです、シリアル番号、IMEIまたはMEIDを尋ねられます
  • すべてのデータが削除されます、最後の手段としてこのオプションを使用してください
  • デバイス ロストモードにすることはできません または会社や教育機関によって管理されている
  • プロセスを開始したら キャンセルできません
  • Appleはロックの解除を拒否する場合があります リクエストが要件を満たしていない場合

アプリケーションを起動するには、iCloudアカウントを入力する必要があります。要件に示されているように、デバイスのシリアル番号、IME、またはMEIDを入力します。 そこから、Appleは手順を開始し、指定した電子メールを介して連絡し、iPhoneを再び機能させます。 その後 購入請求書、購入場所、購入日など、その他の情報を求められます。。 大量のデータのように見えるかもしれませんが、ロックが解除されるとすぐに使用できる「新しい」iPhoneになるため、AppleはこのiPhoneが本当にあなたのものであることを非常に明確にする必要があることを覚えておく必要があります。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。