iFixitはiPhone13Proを驚きで分解します

毎年のように、 iFixitは私たちにその特定の「内訳」をもたらします iPhone 13 Proの内部と、今年の内部のコンポーネントの完全な詳細を提供するデバイスの概要。 今年、彼らはFace IDのコンポーネントで驚きを見つけ、デバイスの画面の変更に影響を与えるニュースを強調することができました。

新しいiPhoneの中身を調べる前に、 iFixitはL字型バッテリーを観察できるX線スキャンを実行しました、MagSafeのマグネットリング、およびデバイス回路の横にある画像安定化マグネット。 ハイライトの13つは、iPhone XNUMX Proの上部にあるセンサーのXNUMXつからケーブルが接続されているように見えることです。これは、iFixitによると、デバイスの修理時に問題が発生する可能性があります。

視覚的なマッピングを続けると、 ハプティックタッチの内部に配置され、制御を担当するタプティックエンジンは、他の年よりもサイズが小さいようです。 しかし、それは他の年よりもかさばり、その重量はiPhone 4,8Proでの重量の12グラムから今日の重量である6,3グラムに増加しました。 iPhone 12 Proとの比較を続けると、新しいProモデルは、フロントカメラのFace IDモジュールとの間でスピーカーを再配置することにより、画面に取り付けられたスピーカーのイヤピースを排除します。 画面の交換を容易にする手段。 iFixitは、Appleがディスプレイのタッチ層とOLED層を組み合わせた統合タッチOLEDパネルを使用しており、デバイス内で管理するケーブルのコスト、太さ、数を削減していると考えています。

デバイスの新しいデザインの欠点は、単一のモジュールに統合されたiPhone13の給水口識別子とスポットプロジェクターです。 Appleがサイズを縮小することを可能にしました ノッチ 今年はiPhoneで。 これにより、FaceIDハードウェアを画面から独立させました。

iFixitによると、Face IDモジュールと画面のペアリングが解除されているにもかかわらず、画面を置き換えるとFaceIDが無効になります。 これは、Appleによって許可されていない画面の交換により、FaceIDでロックを解除できないデバイスが残ることを意味します。 (顔認識を含むアクションのロックを解除または認証します)。

バッテリー容量に関しては、iPhone 13 Proは11,97Whを使用します。これは、iPhone 3.095 Proの2.815mAhと比較して、12mAhに相当します。 iPhone 13 Proのバッテリーは、昨年のProモデルで使用されていた長方形のバッテリーから変更されたL字型のデザインになっています。 iFixitは、バッテリーの交換が不可能であるという噂にもかかわらず、バッテリー交換テストは成功したと述べています。

内部には6GBのRAMがあります。 Appleが設計したいくつかの超広帯域および電力管理チップに加えて、当然のことながら、iPhone 13 ProにはQualcommのSDX60Mモデムと、iFixitが5Gトランシーバーであると信じているものが装備されています。 有名なアナリスト、Ming-Chi Kuoは、次のように述べています。 今年のiPhoneのクアルコムのモデムチップは衛星通信機能を備えています、しかし、それが存在する場合、iFixitは気づかず、Appleは基調講演でそれについてのコミュニケーションを開始しなかったので、 この機能は無に帰したようです。 ブルームバーグは、Appleが衛星接続を使用して緊急事態でテキストを送信できるようにする衛星機能に取り組んでいることを明らかにしましたが、この機能は2022年まで期待されていません。

iFixitの内訳をさらに詳しく確認したい場合は、ここに残しておきます リンク あなたがそれをレビューして、新しいアップルの旗艦を装備しているすべての部品を見つけることができるように。

 


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。