iOS 16.2は「全員10分間」登場でAirDropの利用を制限する

AirDrop は iOS 16.2 でその構造を変更します

iOS 16.2 と iPadOS 16.2 のほぼ最終バージョンが開発者に利用可能になりました。 これは、Freeform アプリ、新しいウィジェット、ライブ アクティビティの最適化などのすべての機能を、特に iPhone 14 Pro で使用できるようにするこれらの新しいバージョンがすぐに利用できることを意味します。 新しい リリース候補にも含まれています。 それらのXNUMXつは 「すべての」ユーザーが利用できるオプションを排除することで、AirDrop テクノロジの使用を制限します。 このオプションは、Apple が中国の iOS 10 で導入し、16.1.1 年初頭に行うと約束したように、「Everyone for 2023 minutes」に置き換えられました。

Apple は、iOS 16.2 で AirDrop を制限することにより、ユーザーのプライバシーを保護しようとしています。

AirDrop は永遠に変わりました。 実際、数週間前に中国で iOS 16.1.1 がリリースされたことで変化が始まりました。 Apple は、中国の住民が AirDrop を使用して、習近平、中華民国の大統領、および中国政府に反対するコンテンツを共有していると通知されました。 これらのダイナミクスが、政権に対するこの種の行動を回避するためにテクノロジーを変更するよう政府自身が Apple に要求したことにつながったと考えられています。

AirDrop への変更は iOS 16.1.1 で行われ、iOS 2 ベータ 16.2 でも行われました。 ついに、 AirDrop の再設計は、iOS 16.2 および iPadOS 16.2 で行われます。 Apple は、この変更が 2023 年の初めに世界的に適用されると発表しましたが、時代は先を行っているようで、XNUMX 月中に行われるこれらの更新の開始でそれが見られるでしょう。

AirDrop
関連記事
Apple は、スパムを防止するために AirDrop に変更を加える予定です

この変更により、AirDrop メニュー内で選択できるオプションは XNUMX つだけになります。

  • 受信不可: 商品の送受信ができません
  • 連絡先のみ: 連絡先からのみ商品を受け取ることができます
  • 誰でも 10 分間: 誰でも 10 分間アイテムを送信できます

「全員10分間」を選択した場合、 その 10 分が経過すると、オプションは自動的に「連絡先のみ」に変更されます。 すでに述べたように、この変更は次のようになります。 iOS16.2およびiPadOS16.2 XNUMX月中。

この最後のオプションが登場する前は、次のオプションがあったことを思い出してください。 "全員" 乾燥する。 このオプションは許可されました あらゆるユーザーからあらゆるタイプの要素を受信するために常にアクティブ化されます。 ユーザーは不要な写真やファイルを受信する可能性がありますが、インターフェースから拒否することはできましたが、不快でした.


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:AB Internet Networks 2008 SL
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。