iPadOS 15 は、マルチタスクとアプリ ライブラリを歓迎します

泣ける秘密でした。 iPadOS 15 WWDC 2021 で発表され、Apple はアプリを表示する新しい方法を発表しました。 アプリ ライブラリ。 また、この機能の登場により、 ホーム画面のウィジェット iOS 14 を搭載した iPhone に既に存在するものと同様です。最後に、マルチタスクの概念と Split View および Split Over ワークフローも復活しました。 iPadOS 15 の生産性を向上させることができます。

iPadOS 15 のアプリ ライブラリ、マルチタスク、ウィジェット

iPadOS 15では新しいホーム画面がデビューします。 このように組み込まれています iOS 14 を搭載した iPhone にすでにあるウィジェット。 さらに、デバイスにあるものの詳細を失わないように、すべてのアプリケーションのランチャーであるアプリ ライブラリを既に利用できます。 明らかにiPadのインターフェースに適応。 iPadOS 15 には、ホーム画面をパーソナライズするための大きなウィジェットが登場し、ユーザーの好みを再び解き放ちます。

も歓迎します 再設計されたマルチタスク機能。 Split View はより巧妙になり、Split View モードでアプリを開くことができ、XNUMX 画面で開く次のアプリを選択するために、そのアプリは画面から削除されます。 一度開いたら、コンテンツをスプリット オーバーに表示し、後で大きなアプリが必要な場合はそれを表示することで、XNUMX つのアプリを操作できます。

これらのワークフローは試してみる必要がありますが、iPadOS 15 のブレークスルーであることは間違いありません。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。