iPhone 7は、自動モードの場合にのみ最大輝度に達します

iPhone-7画面 iPhone 7のプレゼンテーションで、Appleチームは、新しいAppleモバイルデバイスの画面の明るさが前モデルよりも最大25%高くなるとすぐにコメントしました。 それにもかかわらず、 両方の画面間の実際の比較を発行することになると、ネットワークには多くの興奮が生まれました。 違いが見られないユーザーもいるだけでなく、iPhone6の方がiPhone7よりも明るさが高い場合もありますが、Twitterを通じてかき混ぜられましたが、DisplayMateチーム情報をすばやく修正します

Twitterユーザーの@_kegan_がソーシャルネットワークに写真をいくつかアップロードしたところ、iPhone6はiPhone7よりもはるかに輝いていたことがわかりました。 DisplayMateは、明るさセンサーがアクティブになっている場合にのみiPhone7が最大の明るさに達することを確認しました および自動モードの場合:

自動明るさがオンの場合、iPhone7画面の最大明るさはさらに大きくなります。 ただし、ユーザーは、iPhone 25よりも7%高いこの明るさを永続的に維持するオプションを選択することはできません。これは、消費とバッテリー寿命の明らかな理由からだと考えられます。 この非常に高い明るさは、自然光の条件でのみ必要であり、バッテリーの視認性を向上させるのは明るさセンサーです。 自動明るさがオンの場合、iPhoneは705 cd / m2(Nits)を生成しますが、それは本当に必要な場合に限られます。

これで、すべての論争は解決され、iPhoneは、本当に必要な場合にのみ、画面の明るさの真の力を使って散歩をします。 確実に最大の明るさを永続的に持つであろう少数のユーザーを避けるためのセキュリティ対策 後でバッテリーの消費について文句を言う。 Appleはすべて、最も責任のあるユーザー、そして最も責任の少ないユーザーについて考えています。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。