watchOS 5では、Wi-Fi経由で手動で接続を設定できます

前回のWWDCでクパチーノ社によって提示されたオペレーティングシステムのこれらのベータ版に含まれる予定の機能が少しずつ発見されています。 また、Wi-Fi経由で接続設定を追加するwatchOS5の新機能の余地もあります。

同社のウェアラブルオペレーティングシステムには、ほとんど、しかし絶え間ない改善があります。 これは、Appleカタログにあるものの中で最も洗練されたソフトウェアである可能性があります。

この機会に、watchOSベータ版をインストールしても後戻りはできないことを覚えておきたいので、インストールを検討している場合は、致命的なエラーが発生した場合、最新の公式watchOSバージョンに戻れないことを知っておく必要があります。 、したがって、ユーザーにはお勧めしません。開発者によって、および開発者のために具体的な方法で設計されたベータ版を実際に利用するつもりはありません。 一方、Redditユーザーwishkey_91を介して、 watchOS 5を使用すると、Wi-Fiネットワークスイッチを制御したり、自分で選択したスイッチに直接接続したりできます。 そのオンスクリーンキーボードを利用することは、確かにあまり快適ではありませんが、それは私たちをいくつかの問題から解放するでしょう。

現実には、この機能がApple Watchにパフォーマンスや機能の新機能をあまりにも多く提供するとは思われませんが、特に「LTE」モデルなどの完全に自律的なバージョンのiPhoneの場合、そのようなものを持っていても問題はありません。 。 この新しいオプションは完全に機能します  Apple Watch Series2およびSeries3で。 その間、機能のレベルで新規性を探すためにオペレーティングシステムを検索し続ける必要があります。 私たちはまだwatchOS5とその忠実なコンパニオンであるiOS12の開発の非常に初期の段階にありますが、Actualidad iPhoneでは、最新の状態に保つことができるように、発見した機能を常に直接提供します。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。