WWDC2019の日に近いiTunesの死

iTunesの死は非常に近いので、たった24時間で、iTunesの終了が今のところわかっているように発表される可能性があります。 彼の失踪についての噂に加えて、 Appleはこの点に関していくつかの措置を講じており、ソーシャルネットワークのアカウントを変更し、他の人を新しいサービスにリダイレクトしています。 これはiOS13とmacOS10.15で提供されます。

iTunesは、iOSの場合と同様に、macOS10.15では新しいスタンドアロンアプリに置き換えられます。 これはすべて確認されます 明日はWWDC2019で、午後19時から始まります。 (スペイン半島時間)。 その間、Appleは数年前には考えられなかった何かの準備を続けています。

今まで噂に過ぎなかったことが形になり始めています。 Appleは、FacebookとInstagramのiTunesアカウントからコンテンツを削除することから始めました。 Appleは、すべてのコンテンツを古いFacebookアカウントからApple TVアカウントに移行しました(リンク)新しいAppleアプリケーションとサービス専用。 同じことがInstagramアカウントでも起こりましたが、現在コンテンツは表示されていません 新しいAppleTVアカウントをフォローするように求められます(リンク)。 この方向を指す他の変更は、AppleがAppleMusicコンテンツの「itunes.apple.com」アドレスを放棄して新しい「music.apple.com」アドレスを使用する方法に見ることができます。

すべてがiTunesが完全に死ぬわけではないことを示しているようですが、iTunesが崩壊するXNUMXつのアプリケーション(音楽、ポッドキャスト、テレビ、本)のそれは それらの最初のものは、これまでiTunes用に予約されていた機能のいくつかを保持するものになります。 明日の新しいmacOS10.15のプレゼンテーションでは、この変更のすべての詳細と、Appleが新しいアプリケーションで私たちのために用意しているものを確認します。これは「マジパンプロジェクト」のもうXNUMXつの例、つまり、互換性のあるユニバーサルアプリケーションです。 iOSとmacOSで。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。