この調整により、ステータスバーにWifiチャネルが表示されます

最新のルーターは、2,4GHzと5GHzの両方の帯域を使用して ワイヤレスデバイスにインターネットを提供する。 ルーターが使用しているチャネルを知りたい場合は、ルーターが持っているモバイルアプリケーションを利用するか、デバイスのブラウザーから直接アクセスする必要があります。

しかし、脱獄のおかげで、ルーターのアプリケーションを使用したり、Web経由でアクセスしたりする必要はありません。 WifiChannelBarを使用すると、次のことができます。 Wi-Fi接続のチャネルに関する情報を表示する デバイスのステータスバーから直接。

ルーターがデバイス間でWi-Fi接続を共有するために使用するチャネル それらは、接続でパフォーマンスの問題を引き起こす近隣の他のデバイスによって使用されている可能性があります。 あなたが思っているよりも一般的なこのタイプの問題を抱えたくないユーザーにとっては、それほど広く使用されていないバンドに頼るのが最善です。 デフォルトでは、ルーターは、他の近くの信号によって混雑しているかどうかに関係なく、信号を共有するために必要な帯域の管理を自動的に処理します。

WifiChannelBarは、2,4 GHzルーターの帯域を、実際には帯域またはチャネルである番号で示します。1、2、3、4、5、6、7、8、9、10、または11 5 GHzルーターに接続し、表示されている数値は、2,4GHz帯域をサポートする数値と一致しません。、この記事の先頭にある画像の場合と同様です。

この微調整 構成オプションはありません、インストールされると、ステータスバーにチャンネルが表示されて動作します。 WifiChannelBarは、このタイプの情報のみを提供します。この情報は、Webまたは製造元が提供するモバイルアプリケーションを介してルーターの構成オプションにアクセスしない限り変更できません。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。