Appleのより多くの特許、これはジェスチャーまたは「タッチ」を指します

再びクパチーノ社に承認された特許であり、今回は情報を共有したり、デバイスを近づけたりするジェスチャーを指します。 これは、NFCを搭載したデバイスで長い間利用可能であった先験的なもののように思われるかもしれませんが、選択した情報を共有するために実際に連絡先を使用しないという目新しさを追加するようです。 データ交換プロセスをトリガーするパターンを作成します。 転送と共有データのセキュリティを損なうことなく、これらすべてが明らかになります。

最初は、これは会社のスマートウォッチであるApple Watch向けであり、肩に触れる、抱擁する、または簡単な握手で、連絡先情報、写真、カレンダーイベント、またはユーザーが望むものを共有することができます。 すでに言っているように 情報を送受信するユーザーの以前の構成したがって、情報を共有するこのプロセスは、今日では以前よりもAppleデバイスでこのプロセスを実行するのが簡単であるという事実にもかかわらず、はるかに簡単になります。

もちろん、このタイプのファイル転送におけるセキュリティの重要性は最優先事項であり、Appleは、情報を必要としないデバイス、つまり、ショッピングモール、コンサート、スポーツなどの混雑した場所にデータが渡されるのを防ぐための明確な対策を講じています。誤った方法でデータを共有するリスクがある同様のイベント。 すべての情報、データ、写真など 以前にiPhoneまたはクラウドに保存しておく必要があります、この操作を実行するにはデバイス識別子と位置データが必要であるため、安全なシステムです。

その後、会社が登録したすべての特許と同様に、将来実装されるか、忘却に陥るか、単にデバイスに使用したい会社から収入を集めるのに役立つ可能性があります。 要するに、私たちはアップルによって登録された特許で何が起こるかについて明確であり、 すべてが自分のコンピューターに実装されるわけではありません。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:AB Internet Networks 2008 SL
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。