Appleがインドでアプリケーションアクセラレータを発表

製品を市場に直接提供できるようにするために、AppleはいくつかのR&Dセンターやアプリケーションアクセラレータを含むインドへの多額の投資を余儀なくされています。 また、 国内で一部のデバイスの製造を開始Foxconnとの委託契約のおかげで、数日前にお知らせしたように、来月からiPhoneSEの製造が開始されます。 バンガロールにあるアプリケーションアクセラレーターは、その扉を開いたばかりです。これにより、1.200億人の住民のおかげで、経済的可能性が高い国へのAppleの投資が拡大していることが確認できます。

このセンターでは、開発者とのミーティングが作成され、あらゆるタイプの問題を解決し、刺激を与え、開発における疑問を解決し、iOSが提供するすべての可能性を示します。 このセンターは 全国初のオープン、Appleが開発者のコ​​ミュニティを拡大したいと考えているセンターですが、インドだけでなく近隣諸国でも同様です。 これらのインストールは、tvOS、macOS、watchOSに賭ける開発者コミュニティもサポートするため、iOSオペレーティングシステムだけに焦点を当てているわけではありません。

Appleのワールドワイドマーケティング担当バイスプレジデントであるPhilShillerは、次のように述べています。

私たちはインドの素晴らしい起業家精神に感銘を受けており、これらの開発者が世界中のクライアントとイノベーションを共有するためのプラットフォームを提供できることを嬉しく思います。

このセンターの開設計画は、昨年XNUMX月に発表されました。 ティム・クックが国に行くことを余儀なくされた無数の旅行 国内で最初の店舗を開店できるようにするためです。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。