Appleは、「McQueen」というペンネームでクラウドの構築を開始しました。

iCloud

AppleがiCloudシステムの一部をAmazonWebServicesインフラストラクチャからGoogleCloudPlatformに移行することを検討していると報告したのは昨日でした。 しかし、最近のリークによると、これは素晴らしい話の始まりに過ぎなかったようです、 Appleの長期計画は、独自のものに焦点を合わせています。 Appleが競合他社の手にサービスやプロジェクトを集中させるのをやめようと戦っていることはすでに知っています。その例は、プロセッサの観点から、そして将来的には画面の観点から、Samsungをどのように排除したかです。 次の目標は、サードパーティのクラウドインフラストラクチャの使用を停止して、独自のインフラストラクチャを作成することです。

途中で漏れたので VentureBeatの, Appleは、「Project McQueen」というペンネームで、独自のネットワークとデータインフラストラクチャを構築し始めています。 すでに進んでいるように、レポートは、AmazonやGoogleなどの企業への依存を減らすことはAppleによるもうXNUMXつの努力であると結論付けています。 Appleは、iCloudを完全に独立したサービスにすることを目的として、独自のクラウドの構築に懸命に取り組んでいます。残念ながら、iCloudは競合他社の他のサービスほど快適に使用できないため、これによって可能性が大幅に向上することを願っています。その価格とAppleの全範囲との統合がプラスであるという事実。

Appleが成長するにつれて、クラウドインフラストラクチャの必要性が高まります。 これを行うには、現在、Microsoftが提供するiTunesなどのサードパーティサービスに頼る必要があります。 最後に、Appleが望んでいるのは、仲介者を排除することです、Amazon、Microsoft、Googleのいずれであっても、現在の景気循環を利用して、将来のコストを節約し、これらのデータインフラストラクチャを独自のニーズに適合させることを目的として、現在投資と多様化を行っています。

なぜAppleは今急いでいるのですか?

iCloud

すべてには始まりと終わりがあります。 Appleは、顧客にテクノロジーを提供することはサードパーティのサービスに大きく依存していることを認識しており、これは、特にAppleの規模の企業の場合、コストの点でしばしば不利になる可能性があります。 最近、AppleがMicrosoftとの合意を更新する意図で話し合いを始めたとき、すべてが浮かび上がった。 また、レドモンドは、Appleのクラウドサービスの継続的な成長に対応できないと警告しているため、Appleは、同時に成長するようにサービスもサポートする必要があります。 そのため、クパチーノから、マイクロソフトの拡張に協力するよりも、独自のネットワークの構築に取り組む方が理にかなっていることに気づきました。

一方、iCloudにリンクされたサービスの継続的なドロップは、Amazonが提供するサービスに関してAppleを不快にさせ始めています。 報告によると、Appleからは、Amazon WebServicesが画像やビデオなどのコンテンツを十分な速度でロードできるとは考えていません。 iCloud Driveが期待どおりに機能していないことに気付くのがどのように遅いのかはわかりません。このトランザクションに相当するファイルのアップロードまたはダウンロードを提供せずに、iCloudが家のすべての帯域幅を消費するのが一般的です。

これらのデータインフラストラクチャを増やして構築することを目的として、Appleは中国と香港の大規模な不動産を購入しました。 どのように見るのは興味深いですo Appleは、歴史上最も価値のある企業のXNUMXつになり、競合企業からほぼ完全に独立し始めました。 アマゾン、グーグル、マイクロソフトのように、これの利点を減らし、彼ら自身を増やします。 間違いなく、SamsungはiPhoneプロセッサの提供を停止し、将来的には画面の生成を停止すると、少し損傷するでしょう。 全体がどのように進行するかを見ていきます。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。

*

*

  1. データの責任者:AB Internet Networks 2008 SL
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。