Appleは、Waymoと呼ばれるGoogleの自動運転システムの責任者のXNUMX人を雇っています

近年、クパチーノに本拠を置く会社はそれを知っています iPhoneに依存して生き続けることはできません、四半期ごとに会社の収入の60%以上を生み出すiPhone依存。 幸い、Appleが提供するサービス(iCloud、Apple Music、映画や音楽の販売...) 彼らの収入は四半期ごとに増加しています。

しかし、他のサービスからの収入が増える一方で、AppleはTitanプロジェクトをキャンセルした後、しばらく前に自動運転システムに賭けることにしました。Titanプロジェクトでは、Appleは自動運転車と電気自動車をゼロから作成するつもりでした。 同社の自動運転システムをより迅速に進歩させるために、AppleはシニアエンジニアのJaimeWaydoを採用しました Waymoと呼ばれるGoogleの自動運転車部門から来ています。

今日私たちが見つけることができ、市場に出ようとしている最も先進的な自動運転システムは、合意に達した会社であるグーグルのものです。 英国のメーカー、ジャガーとイタリアのフィアットが実装を開始、将来的には、この技術。

Jaime Waydoは、Googleの自動運転車のプロトタイプの安全性を担当し、これらの車両が準備されているかどうかを判断する最後の責任者でした。 従来の道路でテストを開始します。

Waymoで働く前は、Waydoは NASAの推進研究所で10年以上働いている 火星に到着して惑星の表面からサンプルを採取するローバーの開発を担当するエンジニアのXNUMX人であることに加えて。

さまざまなメディアによると、Apple かなり遅い 自動運転システムでは、チーム間のコミュニケーションの欠如、Appleの規模の企業では理解するのが非常に難しいと思われるコミュニケーションの欠如が原因と思われる遅延が発生します。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。