アップルがドバイに世界最大のアップルストアをオープン

エミレーツモールの眺め

それはすでにオープンシークレットであり、同社の製品ストアのオープンであるアップルストアを取り巻く秘密はますます隠すのが難しくなっています。 Appleが探していたものを漏らした後 アラブ首長国連邦のさまざまな役職に採用、 新聞 EDGARデイリー Appleが将来の建設を開始したと報告している 世界最大のアップルストア、世界最大のショッピングセンターでもある場所にあります。 ドバイ既知の エミレーツモール、700万平方メートルの面積に2,4以上の高級店とレジャーサービスがあります。

AppleStoreはにあります 大規模なシネマコンプレックスを収容した敷地、どうやら作業はすでに始まっており、店舗のサイズが大きいため、2015年の第XNUMX四半期まで完了せず、仮想の日付を設定しているようです。 25月XNUMX日オープン。 このようにして、Appleはその製品の小売店を第二国に持つことになります。 中東、の発足後 イスタンブールアップルストア、 七面鳥。 ドバイに出没する幸運は、市民が会社の実店舗でかまれたリンゴから製品を購入しやすくする主な要因だった可能性があります。

噂を補強するために、AppleのCEO自身、 ティム・クックもう 去年のXNUMX月に国に服を着せた、アラブ首長国連邦のシェイク、モハメッド・ビン・ラシッド・アル・マクトゥームと会いました。おそらく会議のトピックのXNUMXつは、会社の店舗をその国に持ち込み、AppleStoreのある国のリストにもうXNUMXつ追加することでした。 確かに、今後数日で、空席の公表、ショッピングセンター内の場所、および会社の社長の前回の訪問とはすでに対照的な情報について、さらに多くのニュースが表示されます。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。