Appleが学習および人工知能企業であるTuplejumpを買収

アップルラーニング

Appleは最近、XNUMX番目の機械学習会社を買収しました 2015年以降、インドを拠点とする企業であるTuplejumpを買収。 Tuplejumpは、データ管理手法の簡素化に重点を置いています 大量のデータをより簡単に処理できるようにするツールの作成。

現在は機能していないウェブサイトTuplejumpからの抜粋:

数年前、人々は企業が生成するデータの量が扱いにくくなっていることに気づきました。 この膨大な量のデータを処理するための新しいテクノロジーのセットが登場しました。 私たちは、これらの「ビッグデータ」テクノロジーを最初に採用した企業の500つです。 Fortune XNUMX企業は、これらのテクノロジーの迅速な採用を支援しており、テクノロジーがいかに複雑になり、どれほどシンプルになるかを実感しました。

このようにして、データ管理テクノロジーを簡素化し、非常に使いやすくするという私たちの探求が始まりました。 私たちは、使いやすく、スケーラブルで、大規模なデータベースで難しい質問をすることができるテクノロジーを構築しています。

TechCrunchによると、 Appleは「FiloDB」のためにTuplejumpを購入しました 大量のデータに対してリアルタイムで機械学習の概念と分析を使用するように設計されたオープンソースプロジェクト。 FiloDBはオープンソースプロジェクトとして継続するようです。

Appleは、Tuplejumpの買収を定期的な声明で確認しました。Appleは時々小さなハイテク企業を買収する、そして彼らは通常私たちの目的や私たちの計画について話しません。

その他の最近の機械学習の買収には、PerceptioとTuriが含まれます。 Appleは、オペレーティングシステム全体で機械学習技術を採用しています、写真の顔認識、iPhone 7 Plusの新しい「ポートレート」モード、Siriの主要な機能強化などの機能のためのテクノロジーの使用。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。