Macを制御するためのApple特許レーザーマッピング技術

自動ロック解除-macOS-sierra

Appleデバイスは、視線追跡またはジェスチャーによって制御できます、これは最近公開された特許の特徴によるもので、Appleの研究を説明しています。 3D深度マッピングテクノロジー.

このテクノロジーは、iPhone 3 Plusの新しいデュアルレンズで最近使用された7D深度マッピングのタイプに基づいていますが、これは、ユーザーがMacまたは場合によってはコンピューターと対話する新しい方法に適用されます。AppleTV経由 画面に表示されるメニューやコンテンツをナビゲートするための空中ジェスチャーまたは視線追跡の使用.

この特許は、ユーザーの3Dマップと、システムが対話しているユーザーを同化するために使用する2D画像を組み合わせることにより、このテクノロジーがどのように機能するかについての概要を示しています。

特許であるため、Appleが説明する特定の用途のいくつかは非常に幅広いものです。 例えば、 ジェスチャ認識用のレーザーマッピングシステムがシステムと連携してどのように機能するかは完全には明らかではありません。。 ユーザーが自分の視線を使用してWebページをスクロールしたり、画面上のオプションをポイントして選択したりできるという考えなど、手がかりがあります。

これは、Appleが単なるR&Dテストの概念以上のものとして使用することになるものですが、前述のように、同様のテクノロジーがすでにiPhoneに登場しています。 Siriテクノロジーと3DTouchで見られるように、Appleは確かにその意欲を示しています 特定のテクノロジーをデバイスに導入する 次に、他のデバイスに移動して機能を拡張します。

Appleはこの分野に精通しているわけではなく、3年以上前の2009年にPrimeSense社を買収したときに初めてXNUMXD特許を取得しました。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。