ジャパンディスプレイは、日本政府の助けを借りて、アップルのOLEDスクリーンを作ることができます

日本ディスプレイ Appleは長い間基調講演で私たちを驚かせていません。 驚いたことは、来年は彼らが発表しないということです OLEDスクリーン付きiPhone、SamsungとLGが提供できる画面。 シャープは、前のXNUMXつの会社のいずれかが何らかの後退に見舞われた場合に備えて、うろついているのを待っています。 日本ディスプレイ XNUMX番目のオプションとして 確実に ウォールストリートジャーナル。

Appleは他の会社ほど多くの電話を販売していませんが、特に中低域に関しては、iPhone用のコンポーネントを供給することは非常に儲かるビジネスです。 このことを念頭に置いて、ジャパンディスプレイは、OLEDディスプレイを製造するためのインフラストラクチャへの投資を支援するために政府からの資金提供を求めることを計画しました。 現時点では、日本のメーカーは 約75.000百万円 (647億XNUMX万ユーロ以上)。

ジャパンディスプレイは、OLEDスクリーンを製造できるように投資します

ジャパンディスプレイは、OLEDパネルの大量生産に向けて独自の製造ラインを準備しようとしているため、OLEDディスプレイと競合するように液晶ディスプレイ技術を改善したいと考えています。 どちらの取り組みにも多額の投資が必要です。

サムスンとLGはすべての注文を得るために戦っています 来年のAppleのOLEDディスプレイの一部ですが、Cupertinoは、デバイスの一部のコンポーネントについて、単一の会社からすべての注文を注文することを好みません。 明らかなことは、2017年のiPhone用のOLEDスクリーンを作りたい会社はそれを手頃な価格で行わなければならないということです。さもなければ、注文は別の会社の手に渡る可能性があります。

いずれにせよ、AppleはSamsungに依存して 新しいMacBookProのタッチバーのOLEDディスプレイ、ですから、誰が最初の候補になるかははっきりしているようです。 私が言える唯一のことは、2017年にOLEDゲートがなくなることを願っています。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:AB Internet Networks 2008 SL
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。