ジャパンディスプレイ、AppleがOLEDスクリーンを使用することを切望している

日本ディスプレイ Appleがより鮮やかな色を提供し、バッテリー消費量が少ない(黒い背景が使用されている場合)OLEDスクリーンを備えたiPhoneを発売する日を楽しみにしているユーザーは少なくありませんが、それは言うことができます 日本ディスプレイAppleのディスプレイベンダーの257つである、は、クパチーノが切り替えを行うことを切望しています。 また、JDIは、円高やiPhone、iPadの売上減少により、31.800.000年に2016億XNUMX万ユーロ(XNUMX円)以上の損失を発表した。

ご存知のように、iPhone 6sは液晶画面を使用していますが、 2017年にOLEDスクリーンに飛躍、それが最良の場合です。 来年でなければ、iPhone 8、または2018年に発表された電話が何であれ、すでにOLEDスクリーンが付属しており、後で、iOSデバイスの発売が近年どのようになっているのかを見ると、ほとんどありませんしばらくして、彼らはOLEDスクリーンを備えたiPadを発売する予定です。

日本のディスプレイマネージャーは、AppleがOLEDディスプレイに飛躍することを祈る

しかし、私がジャパンディスプレイの幹部の一人だったとしたら、ティム・クックとその会社がOLEDスクリーンに飛躍したとき、私は彼ら全員を連れて行くことはできなかったでしょう。 サムスン OLEDスクリーンの研究とAMOLEDの製造において非常に重要なメーカーであり、噂によると、Apple用のスクリーンを製造したいと考えている施設も建設中です。 いずれにせよ、クパチーノの人々は会社にすべての注文をするのは好きではなく、製品の品質と価格に応じて、ジャパンディスプレイにも多かれ少なかれ注文することができます。

問題、またはそれらの別のXNUMXつは、サムスンだけがジャパンディスプレイの問題ではないということです。 Foxconnの また、シャープが買収したOLEDディスプレイ市場にも参入したいと考えています。 このような背景から、JDI幹部の絶望を理解しています。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。