ペガトロンは、アップルが費用を負担する場合、米国でiPhoneを生産する用意があります 

ペガトロン

ドナルド・トランプが勝利したことは誰もが知っているアメリカの選挙運動を通して、国内での製品の製造に関してトランプについて多くの言及がありましたが、これは今日ほとんどの企業が行っていないことです。 しかし、トランプの選挙後、多くの企業が デバイスの製造を米国に移す可能性を検討しています。 仕事を生み出すが、それは彼らの価格、エンドカスタマーが支払わなければならないコストを増加させるであろう動き。

現在、FoxconnとPegatronがiPhoneの製造を担当しています。 数週間前、フォックスコンはトランプを満足させるために米国に工場を開設する可能性を研究し始めました。これは、これに伴う多額の費用を見てすぐに終了しました。 しかし、ペガトロンは米国に問題なく生産を移すことができると断言しているので、それだけではありません。 Appleがすべての費用を負担する限り、論理的に支払う気がない何か。

Appleは、次のように主張することにより、生産の中国への移転を正当化した。 この国には米国よりも資格のある労働力があります、どこを見ても、ティム・クック自身も信じていない、ばかげたばかげた言い訳。 トランプがアメリカの企業に国内で製造することを望んでいる推進力にもかかわらず、彼はそれが伴うであろう費用を知っています。 これらの費用を相殺しようとするために、政府は課税に関して特定の有利な条件を作ることをいとわないでしょう。 現時点では、この問題が迅速に解決されるとは思われないため、今後数か月または数年にわたってこの問題について話し続ける可能性が高いです。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。