新しい特許は、iPhone画面にTouchIDを埋め込むことへのAppleの関心を示しています

画面にTouchIDを備えたiPhoneのコンセプト

iPhoneのホームボタンは、好きな人もいれば嫌いな人もいるボタンです。 一つには、ホームボタンは最初のiPhone以来存在していて、その特徴的な部分です。 一方、そのボタンは、ブロック電話が必要ないときに非常に大きくなる原因の2013つです。 Appleはそれを取り除くことができたが、XNUMX年以降、別の障害がある。 タッチID これは、とりわけ、私たちを識別し、端末のロックを解除し、ApplePayで支払いを行うのに役立ちます。 しかし、登録された特許に注意を払えば、スタートボタンの可視性はその日数を数えることができます。

アップルは昨年のXNUMX月に発表しました ライセンス これにより、TouchIDを埋め込むことができます デバイス画面上、しかし昨日、彼らはそれをより具体的に説明する別のものを発表しました。 新しい特許は、指紋センサーに使用できるXNUMXつの異なる技術について説明しています。 説明されているテクノロジーのXNUMX番目は「超音波イメージング」と呼ばれ、現在使用しているTouch IDよりも高い感度(およびセキュリティ)を提供しながら、センサーを画面に埋め込むことができます。

Appleは、TouchIDが画面に埋め込まれたiPhoneを発売したいと考えています

画面に埋め込まれたTouchIDの特許

この特許は、指紋センサー(または生体認証個人識別デバイス-BPID-)をどのように使用して データの信憑性を検証する。 たとえば、運転免許証に使用できます。不思議なことに、英国のWalletアプリケーションに含めることをすでにテストしています。

いくつかの噂は、 iPhone 7 この画面が含まれますが、私にはこれはありそうもないか不可能に思えます。 噂や分析の多くは楽観的すぎて、現時点では、少なくとも今年は、光が見えない多くの噂を読む月になります。 もちろん、XNUMXつの特許がすでにそれを評価しているので、TouchID付きのiPhoneが画面に表示されるのは時間の問題です。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

2コメント、あなたのコメントを残してください

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。

  1.   BossNet

    それは画期的なことです。 来年はそうは思わないが、彼らがその変化を起こすことを願っている。 ご挨拶

  2.   ヒュー

    美しい私はすでにそれを買っています!