Appleは、リモートグループの自撮り写真を「マウント」するシステムの特許を取得しています

自己

今日、私たちがデジタル写真の世界に登場するのを驚かせる新しいアプリケーションには、多くの費用がかかります。 無限の機能、微調整、フィルター、さまざまなでたらめを備えたスマートフォン用のアプリが何百もあります 写真を変換する iPhoneでキャプチャしました。

まあ、真実は、Appleが取得した新しい特許が私を驚かせたということです: 存在せずにグループセルフィー。 クエンカに住んでいて、東京に友達がいて、パリに友達がいる場合は、グループで一緒にセルフィーを撮ることができます。 今それを取る。

今年の2月XNUMX日、米国特許庁はAppleに ライセンス «と題されたNo.10.672.167.B2合成グループ自撮りジェネレーター«。 この奇妙なタイトルで、この特許が何であるかをすでに推測することができます。

一緒にいなくても集合写真を撮る方法を説明しています。 ユーザーはiPhoneまたはiPadを介して、写真を撮りたい相手に招待状を送信し、それを受け入れると、フレームが表示され、配置する必要がある場所が示されます。 アプリケーションは自動的にマウントされます.

特許

この特許は、グループの自撮り写真を撮るプロセスを説明しています。

ドキュメントは、写真、ビデオ、またはライブストリームである可能性があります。 グループの自撮り写真を撮った後、写真のメンバーはそれを変更できます。たとえば、 位置を変える そこに現れる人々の。

Appleはすでに2018年にこの特許を申請しましたが、これまでは 2 6月、正式に付与されていません。 何百もの特許と同様に、付与されることは、会社が最終的にこのアイデアを実現することを意味するのではなく、プロジェクトが完了せずに単に棚上げされる可能性があります。

El アイデアの特許取得のコストは非常に小さい。 すべての企業は、最終的に具体的なものに変換されることなく、年間数千のプロジェクトの特許を取得しています。 しかし、万が一の場合に備えて、彼らは官僚的な事務処理を行うことを好みます。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。