Microsoft Office for iPadOS は、Apple Pencil でのフリーハンド書き込みをサポートするようになりました

鉛筆

マイクロソフトはアプリスイートを更新しました Office for iPad OS iPad から書き込みを行うこれらのアプリケーションのすべてのユーザーが長い間待っていた新しい機能を備えています。 ついに、Office アプリで Apple Pencil を使って手書きのテキストを入力できるようになりました。

間違いなく、すべてのユーザーにとって非常にうまくいく目新しさです。 Apple Pencil を使って iPad に書き込みます 何らかの理由で (通常はファイルの互換性による)、彼らは Microsoft Word、Excel、または PowerPoint を使用して作業しています。

Microsoft は今週、Apple Pencil の手書き入力機能をサポートする iPad 用 Office アプリの新しいベータ版をリリースしました。手書き»(落書き)。 Scribble を使用すると、Apple Pencil を使用して Word 文書、PowerPoint プレゼンテーション、または Excel スプレッドシートにテキストを挿入および編集できます。また、Apple Scribble を使用すると、キーボードで書いたかのように、手書きのテキストがタイプされたテキストに変換されます。

の設定で「手書き」機能を有効にした後、 アップル鉛筆、iPadOS用Officeアプリのバージョン2.64で、[描画]タブの下にある[鉛筆で書く]ボタンをタップして使用できるようになりました。 この機能は、Office Insider プログラムのメンバーが TestFlight を介してテストできるようになりました。更新プログラムは、今後数週間ですべてのユーザー向けに App Store にリリースされる予定です。

Scribble は、Apple Pencil または第 14 世代をサポートする iPadOS XNUMX で追加されました。 リストには、iPad Pro、iPad Air 第 XNUMX 世代以降、iPad mini 第 XNUMX 世代以降、および iPad 第 XNUMX 世代以降が含まれます。

Microsoft の統合 Office アプリと Word, パワーポイント y Excel 2021 年 XNUMX 月に iPad に登場しました。また、iPadOS のバージョンと並行して、iOS でも利用できます。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。

*

*

  1. データの責任者:AB Internet Networks 2008 SL
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。