BorderIcon +を使用すると、アイコン、フォルダー、および3DTouchメニューに色付きの境界線を追加できます。

繰り返しになりますが、デバイスをパーソナライズできるようにするための調整についてお知らせします。 iOS10でネイティブに利用できない機能を追加することなく。 今日は、PaxCexによって作成されたBordeIcon +について説明します。これにより、デスクトップアイコン、フォルダー、さらには3D Touchメニューに色付きのフレームを追加して、ユーザーインターフェイスをカスタマイズできます。 ただし、読むのを保留しているアイテムの数やアプリケーションの通知を通知するアプリケーションバルーンをカスタマイズすることもできます。 操作とカスタマイズがとても簡単です。 以下に説明します。

BorderIcon +構成メニューに移動すると、デスクトップアイコン、フォルダー、通知バルーン、および3D Touchメニューである色付きの境界線を追加することにより、カスタマイズできるさまざまな要素が見つかります。 これらの各要素は個別にアクティブ化または非アクティブ化できるため、 この境界線は通知バルーンでのみアクティブにできますが、アイコン、フォルダー、3DTouchメニューではアクティブにできません。。 カスタマイズする要素を有効にしたら、最後のオプションである[色]に移動する必要があります。

このセクションでは、表示されているコントロールをスライドさせて、エッジで使用する色を調整する必要があります。この色は、アクティブ化されているすべての要素で同じ色になります。 色を選択したら、色を調整して明るくしたり暗くしたりして、そのときに使用している壁紙に合わせることができます。 BorderIcon +は、BigBossリポジトリから無料でダウンロードできます。 また、iOS9またはiOS10で管理されているすべてのデバイスと互換性があります。

デバイスをパーソナライズするためのこの調整についてどう思いますか?


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:AB Internet Networks 2008 SL
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。