iOS 12.1では、iPhone XSで写真を撮るときに、写真の被写界深度を変えることができます。

それは間違いなく新しいiPhoneの最も興味深い部分のXNUMXつであり、カメラ、ますます優れたカメラであり、プロのカメラと比較することはできませんが、そのたびに目的がより多くの可能性を提供してくれることは事実です可能な限りプロフェッショナルな外観を実現するために、新しいiPhoneXSの新しい被写界深度設定で私たちが見ているものです。

また、撮影したポートレート写真の被写界深度を変更できる新しい被写界深度調整が気に入った場合は、撮影中にこの新しい被写界深度調整も行えるというニュースが届きます。絵。 ジャンプの後、私たちはあなたにこの興味深いノベルティのすべての詳細を与えます...

ドイツのブログMacerkopfの人によると、クパチーノの人は、写真を撮るときに被写界深度を編集するために表示されるこの新しいスライダーをアクティブにする可能性を追加することを考えています。 ポートレート照明の操作で見たようなもので、写真を撮っている間、ライブで変化させることができます。 原則として、次のiOS 12.1の発売で見られるであろう目新しさは、現時点では、この機能は写真を撮った後の編集機能を介してのみ可能です。

そのデバイスのカメラを押し続けるためのAppleによる非常に論理的な動き。 この新しい可能性を私たちが見ているという事実は、私たちがますますプロフェッショナルな外観の写真に近づき、私たちがそれを撮る方法をさらに細かく制御できるようにします。 もちろん、これらのぼけは明らかにソフトウェアによって作成されたぼけであると言わなければならないので、特に被写体と背景のエッジをカットするときは、これが持つ制限を考慮する必要がありますが、結果はかなり成功しています。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。