iOS 14では、新しくダウンロードしたアプリの行き先を選択できます

11月2020日、WWDC XNUMXプレゼンテーションの基調講演が終了した後、 Appleは今年新しいファームウェアの最初のベータ版をリリースしました すべてのデバイス、アプリケーション開発者の使用と楽しみのために。 その中で、iOS14。

iPhone用の新しいオペレーティングシステムですでに議論されている多くの新機能があり、すべてのユーザーがXNUMX月から確実に楽しむことができるようになります。 なかでも目立ったのは新作 アプリケーションライブラリ。 デフォルトでは、新しいアプリをダウンロードすると、iOS14はそのアプリをそのライブラリに配置します。 従来のシステムに変更するオプションがあることを知ってください。

新しいiOS14の最も印象的なノベルティのXNUMXつと、 ウィジェット、はアプリケーションライブラリです。 iPhoneでのみ導入されたこのようなライブラリは、ホーム画面ページの下部にある中央ビューにアプリケーションを自動的に整理します。

また、インストールされているすべてのアプリをアルファベット順に閲覧し、アプリをさまざまなカテゴリに自動的に分類することもできます。 それは新しい方法です iPhoneにあるすべてのアプリを順番に持っている.

ベータ段階ですでにiOS14にアップデートしている場合、新しいアプリケーションの新しいダウンロードは、以前のようにホーム画面に表示されるのではなく、アプリケーションライブラリに表示されます。 これはアイコンで埋め尽くされたホーム画面をクリアするのに役立ちますが、経験の浅いユーザーはダウンロードしたアプリがどこにあるのか疑問に思うかもしれません。

幸い、Appleは、新しいiPhoneアプリのダウンロードが表示される場所を自分で選択するオプションを提供しています。 新しいアプリのダウンロードをに追加するかどうかを選択できます 以前と同じようにホーム画面 または、アプリケーションライブラリにのみ表示されます。

新しくインストールされたアプリが表示される場所を構成する方法

デフォルトでは、iOS14はそれらをアプリケーションライブラリに保存します。 ホーム画面に通常どおり保存するように変更する場合は、次の手順に従います。

  • 開く 設定.
  • 開く ホーム画面.
  • 新しくダウンロードしたアプリをに追加するかどうかを選択します ホーム画面、または 図書館だけに.

最初のオプションを選択した場合、ダウンロードした新しいアプリケーションは、以前と同じようにホーム画面に追加されます。 また、アプリケーションライブラリにも自動的に表示されます。 最近のアプリのダウンロードは、アプリライブラリの「追加したばかり」フォルダーに常にあります。

XNUMX番目を選択した場合、新しいダウンロードはアプリライブラリにのみ追加され、ホーム画面には表示されません。 これは、アプリケーションのホーム画面がいっぱいにならず、常に必要なアイコンだけが表示されることを意味します。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。