iPhoneまたはiPadからiOS15ベータ版を削除する方法

ドルビービジョンで録画できるiPhone12Proカメラ

iOSデバイスにインストールされているiOS15のベータ版に多くの人が満足している可能性がありますが、他の多くの人がインストールしていて、現時点でアンインストールしたい場合もあります。 さて、私たちのデバイスのベータ版のこの排除を実行することは非常に簡単です、そして今日私たちは見るでしょう デバイスを直接復元して、開発者向けのベータ版を削除する方法。

そして、それは私たちのデバイスのベータ版を排除するために、現在からそれを復元しなければならないということです パブリックベータはiOS15では利用できません。 そのため、パブリックベータ版は脇に置いて、開発者版に焦点を当てます。

デバイス上のすべての重要なファイルとドキュメントのバックアップを作成することを常にお勧めします。 あなたが持っている場合 Apple WatchはiPhoneとペアリングされており、これはwatchOS 8ベータ版です。まず、時計のベータ版を削除する必要があります。 これを行うには、iPhoneでWatchアプリケーションを開き、[マイウォッチ]タブ、[一般]> [プロファイル]の順に移動し、ベータプロファイルをクリックして、[プロファイルの削除]をクリックする必要があります。

デバイスを復元して開発者ベータ版を削除する

開発者ベータ版をすぐに削除するには、デバイスを消去して復元する必要があります。 次に、アーカイブされたバックアップがある場合は、そのバックアップから再度構成できます。 ベータ版ソフトウェアの使用中に作成されたバックアップは、古いバージョンのiOSと互換性がない場合があることに注意してください。 現在のバージョンのiOSで作成された以前のバックアップがない場合、最新のバックアップでデバイスを復元できない可能性があります。

Macに最新バージョンのmacOSまたは最新バージョンのiTunesがインストールされていることを確認してください。 デバイスをコンピューターに接続し、リカバリモードにします。 デバイスをリカバリにするには、次の手順に従います。

  • Face IDのあるiPadの場合:音量大ボタンをすばやく押して放します。 音量小ボタンを押してすばやく離します。 デバイスが再起動を開始するまで、上部のボタンを押し続けます。 デバイスがリカバリモードに入るまで、上部のボタンを押し続けます。
  • iPhone 8以降の場合:音量大ボタンをすばやく押して放します。 音量小ボタンを押してすばやく離します。 次に、リカバリモード画面が表示されるまでサイドボタンを押し続けます。
  • iPhone 7の場合、iPhone 7 Plus o iPod touch(第7世代):電源/スリープボタンと音量小ボタンを同時に押し続けます。 Appleのロゴが表示されたら、押し続けます。 リカバリモード画面が表示されるまで押し続けます。
  • iPhone 6s以前、ホームボタン付きiPad、またはiPod touch(第6世代以前)の場合:スリープ/スリープ解除ボタンとホームボタンを同時に押し続けます。 Appleのロゴが表示されたら、押し続けます。 リカバリモード画面が表示されるまで押し続けます。

これで、次の手順に従うことができます 開発者ベータを削除する 完全に:

  • 表示されたら、[復元]オプションをクリックします。 これにより、デバイスが消去され、現在の非ベータ版のiOSがインストールされます。 ダウンロードに15分以上かかり、デバイスがリカバリモード画面を終了する場合は、ダウンロードが完了するのを待って、手順2を繰り返します。
  • 復元が完了するのを待ちます。 プロンプトが表示されたら、Apple IDとパスワードを入力して、アクティベーションロックを無効にします。 復元プロセスが完了しない場合は、何をすべきかについて詳しく学んでください。

復元が終了したら、 保存したバックアップからデバイスを構成できます、ベータ版で持っていたiOS 15の以前のバージョンに属している必要があります。持っていない場合は、すべてを再インストールする必要があります。 機器の掃除もできるので悪くないですが、今ではもうそんなに必要ないようです。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。