iPhone 14 Proの常時表示画面が時々オフになる

iPhone 14 Proの常時表示

iPhone 14 Pro の主な目新しさの XNUMX つは、「Always On Display」または常に画面に表示されることです。 それにもかかわらず 画面が消える時がある バッテリーを節約します。

Apple Watch から直接継承された、新しい iPhone 14 Pro および Pro Max の常時表示ディスプレイにより、電話がロックされて使用されていないときでも、時間、ウィジェット、壁紙、および通知を確認できます。 Apple は、これが端末のバッテリーに与える影響を最小限に抑えることに成功しました。 画面の明るさを下げ、画面のリフレッシュ レートを 1Hz に下げる. ただし、画面をオンにしておく意味がほとんどないため、画面がオフになる場合があります。 これはいつ発生しますか? 次の状況では:

  • iPhoneが逆さまに置かれている
  • iPhone がポケットやバッグ、バックパックなどの中にある。
  • スリープモードが有効です
  • 車両に接続された CarPlay を使用しています
  • 低電力モードがアクティブになります
  • iPhone を Mac の Web カメラとして使用しています (Continuity Camera)
  • Apple Watch をつけたまま iPhone から離れます (立ち去ったことを認識させるために必要です)。
  • iPhone を長期間使用していない場合

ご覧のとおり、Apple には次のような状況が含まれています。 画面がオンになっていてもまったく意味がありません. 最近リリースされた「Always On Display」は今のところ、Apple に多くのカスタマイズ オプションを残さないという事実にもかかわらず、彼らはエネルギー消費を最大限に最適化する方法を考えました。 おそらく、スリープモードが有効になっているだけでなく、このモードが無効になっているという事実を他の集中モードに追加する可能性は見逃されています. しかし、機能はリリースされたばかりであり、iOS の次のバージョンでは新しいオプションが確実に追加されます。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:AB Internet Networks 2008 SL
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。