iBooksはAppStoreに似たルックアンドフィールでiOS12に登場する可能性があります

iOS 11の登場は、機能の面で、美的レベルで以前のバージョンからの変更でした。 ニュースは本当に少なかった。 主なノベルティのXNUMXつは、従来のブログに見られるものと同様のデザインを提供するアプリケーションストアであるAppStoreにあります。

Appleは、新しいAppStoreの立ち上げを利用して iTunes経由でアプリストアへのアクセスを削除します。 ユーザーにとってはあまり面白くなかったが、iOS 12でも繰り返される可能性があるが、今回はMac用のiBooksアプリケーションで、Windows用のバージョンがないため。

iOS 11.3の最初のベータ版では、Appleはそれが持っていた意図の手がかりを与え始めました。 iBooksアプリの名前をBooksに変更 発売以来の伝統的な「i」なしで乾かす。 しかし、Mac Otakaraによると、Appleはアプリケーションを完全に改造し、現在ストアと以前に購入またはダウンロードしたすべての本を保管する棚の両方にアクセスできるようにする予定であるため、変更はさらに進んでいます。デバイス上。

今日のセクションで見つかる主なノベルティのXNUMXつで、現在App Storeに表示されているように、 推奨事項、注目の著者、編集、インタビュー..。 現在Appleブックストアで入手できる本や著者に関連するあらゆる種類のコンテンツ。

明日、27月XNUMX日、Appleがシカゴで開催する予定で、教育分野を対象としたイベントで、クパチーノを拠点とする会社が計画する可能性があります ヒントを与える 同社がこのアプリケーションの改造にどのように取り組みたいかについての詳細は、当初想定していたiOS 11.3には付属していないように思われるため、iOS12を待つ必要があります。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:AB Internet Networks 2008 SL
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。