iOS13およびmacOSCatalinaでは、FaceIDまたはTouchIDを介してiCloudに入ることができます

iCloud フェイス ID

Appleは、iOS 13、iPadOS(iPad用のiOS 13に相当)、およびmacOSCatalinaに新しい隠し機能を追加し続けています。 彼らが私たちに発表し、テストの最初の数週間を通して増加しているニュースの長いリストに、私たちは今、新しい機能を追加する必要があります: FaceIDとTouchIDを使用してiCloudに入る.

これで、iCloudアカウントにアクセスして、iOS 13、iPadOS、またはmacOSCatalinaをインストールしたい場合は 顔や指紋を使ってアカウントにログインするだけです、メールアドレスやパスワードを入力する必要はありません。

手順は非常に簡単で、iOS 13、iPadOS、またはmacOSCatalinaが最新の利用可能なベータ版にインストールされている人なら誰でも試してみることができます。 あなたはただ訪問する必要があります www.icloud.com (にリダイレクトする必要があります beta.icloud.com iOS 13ベータ版がインストールされている場合)、デバイスに関連付けられたアカウントを使用してAppleWebサイトにアクセスするかどうかを尋ねるウィンドウが表示されます。 [続行]をクリックすると、Face IDによって識別され、iCloudに直接アクセスできるようになります。 Touch IDを備えたデバイスをお持ちの場合は、iPhoneまたはiPadのホームボタン、またはMacBookProのタッチバーのボタンに指紋を配置する必要があります。

この変更は、iCloudアカウントへのアクセスの快適さの向上を表しています。 これと同じタスクを実行するには、XNUMX要素認証によって送信される確認番号に加えて、アカウントとパスワードを入力する必要があります。 この変更で Appleは、このタスクを容易にするために、生体認証セキュリティシステムを利用したいと考えています。 セキュリティを少し失うことなく、テストを実行した後、成功したことを確認できます。 Appleは、Apple Watchをシステムのセキュリティで使用するもうXNUMXつの要素にしたいと考えており、そのおかげで近い将来、さらに多くの変更が行われる可能性があることを忘れないでください。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメント、あなたのコメントを残してください

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。

  1.   オスカーMl

    こんにちは、iTunes(Windowsバージョン)に変更が加えられているかどうかを知りたいのですが、iPhoneをPCにバックアップする方法がありますが、問題なく実行できるようになる前に、方法がわかりません。私が問題なく出てくる前に、iTunesでモバイルを入手しないでください。 また、写真をインポートする方法もわかりません。Windowsの写真アプリを使用する前は、インポートすることもできません。Windowsのデバイスオプションを確認すると、競合することなくモバイルに接続できます(つまり、良い)、お願いします。 これらの新しい変更に基づくガイドがあれば、私たちを助けてください。