Kuo:ジャパンディスプレイのOLEDスクリーンを搭載したAppleWatchシリーズ5が秋に発売される

アップルウォッチシリーズ5

有名なアナリストによると Ming-Chi Kuo、ジャパンディスプレイが新しい5シリーズにOLEDディスプレイを供給 AppleWatchは2019年後半にリリースされる予定です。

それらは、新しいiPhone 11とともに、XNUMX月に予定されている次のAppleKeynoteで発表される可能性が高いです。

1で プレスリリース 本日共有されたTFインターナショナル証券の 中国のメディアKuoは、ジャパンディスプレイがAppleWatch用のOLEDディスプレイの注文率を徐々に増加させると予測しています、15年の注文の20〜2019%から始まり、70年には80〜2021%に達します。

Kuoは、iPhone向けのLGのOLEDディスプレイ供給の割合を徐々に増やし、Appleで非常に一般的なサプライチェーンを多様化するために、中国のメーカーBOEを追加のサプライヤーとして使用すると考えています。

新しいAppleWatchシリーズ5のモデルは、新しいiPhoneのトリオとともに来月発表される可能性があります。 以前のすべてのAppleWatchシリーズがXNUMX月にリリースされたため、これは新しいことではありません。

があった 新シリーズについてのリークはほとんどありません。 彼が予想したことだけが知られている 郭日前, 新しいセラミックハウジングデザイン、 そして、現在のシリーズ4で実装された新しいECG機能の使用を受け入れる国のリストの拡大。ただし、それが新しいシリーズ用であるとは明記されていません。 ロイター通信社 また、ジャパンディスプレイが時計のディスプレイの供給を開始すると報告したが、新シリーズのディスプレイも指定しなかった。

他の噂はそれを示唆している 新シリーズはソリッドステートボタンを採用する予定です、物理的にクリックするのではなく、ボタンがタッチされたときにユーザーに触覚フィードバックを提供します。 Appleはすでにシリーズ4のデジタルクラウンにこのシステムを導入しており、触覚フィードバックをサイドボタンに拡張できるようになりました。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。