macOSはAppleWatchを認証システムとして使用します

ここ数年、ログインキーを入力しなくても、AppleWatchを使用してmacOSでセッションを開くことができます。 さらに、MacでApplePayを介して購入を承認するためにも使用できます。 TouchID付きのMacを持っていない私たちにとって快適な代替手段。

アップルは スマートウォッチでこれらの認証オプションをさらに活用したい、およびmacOS 10.15を使用すると、Webサイトにアクセスするためのパスワードの入力や、ターミナルでの「sudo」コマンドの使用など、これらの機能を他の機能に拡張できます。

Apple Watchは、MacのTouch IDの完全な代替品になる可能性があります。手首に取り付けたら、外さない限り、最初にパスワードを入力したときにロックが解除されたままになり、macOSで使用できます。他の人と一緒に。ApplePayやアカウントへのログインですでに行われている「iCloudキーチェーン」などのセキュリティオプション。 Macへのログインなどの自動プロセスである場合もあれば、ユーザーの介入が必要な場合もあります。、購入を確認するためにサイドボタンをXNUMX回押すように求めるApplePayと同様です。

Appleは、AppleWatchのこれらの認証機能を拡張したいと考えています。 iCloudキーチェーンを使用すると、任意のログインフィールドに保存したユーザー名とパスワードを入力できます(これは、iCloudを介してすべてのデバイスで同期されます)。 これには、何らかの方法で確認する必要がある可能性があります、Macの近くに座っているだけで誰かがアカウントに入るのを防ぐためですが、サイドボタンを数回押すか画面をタッチするだけで十分です。 また、コマンドで管理者パスワードが要求されるたびに、ターミナルで使用できるオプションになる場合もあります。


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。