OpenIDによると、「Appleでサインイン」はセキュリティリスクをもたらす可能性があります

Appleでサインイン-iOS13

El Appleでサインインし、  またはスペイン語のそのバージョン Appleでサインイン, 私たちが住んでいた最後のWWDCで本当に驚いたのはニュースです。多くの人は、特定のWebページで、たとえばFacebookやGoogleから直接ログインすることで、登録を完了するという面倒な作業を省くことができることを知っています。 Appleがそのビットを実行する時が来ました。

しかし、 OpenIDによると、新しい Appleでサインインする Appleがどれだけ売れたとしても、ユーザーに多くのセキュリティとプライバシーのリスクをもたらす可能性があります。 これはすべて本当ですか?

関連記事
これは、AppleMapsがiOS13でGoogleMapsを破壊する方法です[ビデオ]

クパチーノの会社はこの新しいサービスを可能な限り最善の方法で販売してくれました。会社に個人データを提供しない、パスワードを覚えるのに問題がないなどの多くの利点があるので、私たちは喜んでいます。ただし、Appleが新製品をリリースするたびに発生するように、ソフトウェアであれハードウェアであれ、 それを疑問視する人のための時が来ます、 この場合、最も痛いところを北米の会社に提供し、プライバシーとセキュリティについて話します。

Appleが提案したものと同様のプラットフォームであるOpenIDによると、そのプラットフォームはより安全であり、Appleの それはあなたをセキュリティリスクにさらします。 Appleはそのサービスの多くをこのプラットフォームと共有するようですが、それを使用できる場所を明確に制限しています。これは、クパチーノの会社が通常どのように機能しているかを考えると、正直言ってそれほど驚くことではありません。 OpenID Foundationは、その理由を手紙で述べています Appleでサインインする  それは安全ではなく、あなたはそれを完全に読むことができます このリンクをクリックします。 私は個人的にセキュリティレベルでAppleに完全な自信を与え続けています、彼らは反対に値するのでしょうか?


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメント、あなたのコメントを残してください

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。

  1.   ペドロ

    リスクを伴う?? しかし、それがAppleが誇ることができるものなら。 他のブランドやサービスでは存在しないことで目立つセキュリティとプライバシー。